Sc CMS-Branch

サイト更新ツール・CMS導入サービス


サービス内容

現在地 : ホーム » サービス案内 » CMS導入のポイント

CMS導入のポイント

使いこなしてこそ価値がある。CMSツール導入時に大切な3つのポイント。

使いこなしてこその「CMSツール」

CMSツールを導入する事により、「サイト運営の効率化を図る事が本当に可能なのか?」それを実現させる為には、いくつかの重要なポイントをおさえる必要があります。折角、サイトの管理や更新を効率良く行う目的でCMSを導入をしても、使いこなさなくては全く意味をなさないものとなります。

「自身でいつでもサイトの管理・更新が行える」と言う利便性だけに注目するあまり、闇雲にシステムを導入してしまうと、後に大幅な変更が必要となったり、又は全く利用せず放置する状態等にもなりかねません。CMS導入を失敗しない為には、「運営者」及び「管理者」自身が基礎知識と目的をしっかりと持つ事と、運営サイトの正確な現状把握を行う事が成功の鍵となります。

CMSツール導入時に大切な3つのポイント

まずはサイトの現状を把握することからはじめて、内容やサイトの構成を整理した上で、CMSツールの導入を検討する事をお勧めいたします。システムの導入にあたり重要なチェックポイントを「CMSツール導入時に大切な3つのポイント」として下記に記載致しますのでご参照下さい。

ポイント1 : 運営サイトの内容把握が出来ているか?
今まで、サイトコンテンツ(内容)の大半をWeb制作会社や特定の人材に任せていた場合、運営者自身がサイト構成や記載内容を「ほとんど把握していない」、「全く知らない」等の事が考えられます。そもそも「CMSツールが本当に必要なのか?」と言う重要な判断を行う為に、まずは運営するサイトの特性や内容を改めて把握する必要性があります。
ポイント2 : 更新コンテンツが明確になっているか?
サイト全体の構成には、内容の固定部分(更新性の無い、又は少ないコンテンツ)と、更新部分(時系列等に関連する更新頻度の高いコンテンツ)の箇所が存在します。サイトの内容を把握した上で、「どの部分を更新していくのか?」、「更新頻度はどのくらいあるのか?」、「そもそも更新の必要があるのか?」等を明確にする必要性があります。
ポイント3 : 管理・更新の作業フローを統一できるか?
サイトコンテンツの管理や更新を効率良く継続・維持するには、実作業を行う「運営者」及び「管理者」にストレスの少ない、シンプルな作業工程が必要です。特に複数人で管理や更新を行う場合、作業フローを統一しなくては、コンテンツの整合性を保つ事が困難となります。更新作業毎に担当者が困らないよう統一されたルール作りをする必要性があります。

※ お客様のご要望により、CMSツールにて行う管理・更新作業に関する「ガイドライン」の作成や「運営コンサルティング」、CMSツールの操作に関する「スタッフ・社員講習」等も行います。


お問い合わせ ・ お申込み


Copyright © 2009 SUNSCREATE. All rights reserved.

[XHTML] [CSS] [RSS] [CMSTool Powered by CMSDesigner]

ページの先頭へ戻る